アメリカン・コッカー・スパニエル
--------------------------------------------------------------------------------
カラー・バリエーション
--------------------------------------------------------------------------------
A・コッカーは、毛色のバラエティに富んだ犬種です。
その毛色は、大きく三つに、分けられています。
@ブラック組(一色もの) ブラック(真っ黒一色) ブラック・タン(真っ黒にタン・マークが入ったもの)
Aアスコブ組(一色もの) バフ{ゴールデン・バフ&シルバー・バフ} チョコレート ブラウン
Bパーティー組(二色もの又は柄もの) {赤(茶)×白} {黒×白} セーブル(セーブル一色もの)
 {セーブル/白} 「白色が主体で、赤(茶)・黒・セーブル・のどれかの色が、のってるもの」
 トライ・カラー※(黒×白にタン・マーク)の入ったもの。
--------------------------------------------------------------------------------
スタンダード/ボディ編
--------------------------------------------------------------------------------
@ボディ) 背は短く、キ甲から尾に向かってわずかに傾斜。
 体高とキ甲から尾の長さは10対8.5。腰は幅広く力強い。
 尻は筋肉逞しく、腹はよく引き締まり、胸は深い。
A首) 筋肉よく発達し、頭上わずかに、アーチし、喉皮の垂れは無い。
B尾) 適度に断尾され、背線上につく。
C肩および四肢 肩はよく傾斜し、突出してはならない。
 上腕は適度な長さで傾斜し、前腕は真っ直ぐで筋肉よく発達。
 パスターンは短く強い後肢筋肉と骨は丈夫で、よく屈曲するスタイフルは強く、
 ホックは丈夫で短く低い位置につき、指は引き締まっている。
 爪は硬く毛色に比例して濃い程よい。
--------------------------------------------------------------------------------
スタンダード/頭部編
--------------------------------------------------------------------------------
D頭部 頭蓋は、よく発達し、わずかに丸みをおび、平たくも丸すぎてもいない。
 額は平らで、眉毛とストップは判然とし、額溝は明確。眼球を囲む骨は堀が深い。
 頬は隆起してない。口吻は幅広く深い方型で、顎は平らである。
 上唇はたっぷりした深さをもって下顎をおおう。
 マズルの長さはストップより頭頂を越えて後頭骨瑞までの半円周の約半分である。
 目はややアーモンド型で丸く、見張った感じを示し、表情は知的で機敏かつ柔和である。
E鼻 鼻は口吻とよくつり合いがとれた、充分な大きさで、鼻孔はよく発達している。
F耳・・耳はロビューラ型で、目の下部の位置より上に付け根があってはならない。
 耳介の肉は薄く、長くて鼻孔にまで達し、
長い絹糸状の真っ直ぐかウェイブした毛で充分に被われている。
--------------------------------------------------------------------------------
スタンダード/サイズ編
--------------------------------------------------------------------------------
Gサイズ 理想のサイズは
体高・{牡=38cm/牝=36cm・それぞれ各上下1.25cmまでは許される。
H欠点・・アンダー・サイズ。アンダー・ショット。
I失格・・陰睾丸、前胸や咽喉以外の白斑、アルビノ、オーバー・サイズ、オーバー・ショット、
 パーティ・カラーで基準以外の斑点色、ブラック・タンのタン色が10%以上あるもの、
 タン・ポイントが胸以外の特定の位置にないものと、特定の位置以外にあるもの。
※「ドッグ・ショー出陳規定」
--------------------------------------------------------------------------------
繁殖の基礎
--------------------------------------------------------------------------------
繁殖知識
犬の持っている形質の全ては、老親から受け継いだ、沢山の遺伝子によって作られますが、
この遺伝子は、父犬から一つと、母犬から一つが一対なって初めて作用します。
祖先から代々受け継がれてきたのです。
同胎犬といっても、組み合わせの違う遺伝子を、両親から受け継いでいるのです。
生まれてくる性別の決定も、受け継いだ遺伝子によって決められます。
人間の一卵性双生児のように瓜二つとはいきません。
例えば二卵性双生児と思えばよいし、
3〜5頭生まれても、人の子の年齢の違う兄弟と、思えば理解出来るでしょう。
このバラツキを最小に止めるため、
ブリーダーは思案を重ね、バラ色の夢を現実させるように努力するのです。
交配され新しい遺伝子の一対が出来る為には、牡、牝は全く同じレベルで貢献します。
--------------------------------------------------------------------------------
繁殖の実際
--------------------------------------------------------------------------------
牝犬は、生後八ヶ月頃になると、第一回目の発情があります。
個人差はあり、一年過ぎてからくる事もある。
その周期と共に、はっきり決まったものではない。生後八ヶ月頃に初潮、
その後六ヶ月毎にくるというのが普通。
最初のシーズンは肉体的に「赤ちゃんが産めますよ」という、合図ですが、
まだ遊びたい盛りで、精神的には完全に成長してないので、避けた方が良い。


繁殖準備
シーズンが来たからと言って、慌てて種犬を探す事は止めましょう。
前もって次の事を勉強して、交配相手を決めておくのが良いでしょう。
@カラー
◎一色ものと称されるブラック、アスコブ組は、同じ一色ものの組より相手を選びます。
◎二色ものと称されるパーティー組は、同じパーティー組より相手を選びます。
※注)一色ものと、二色ものとの組み合わせは、パーティー・カラーまがいのバフや、
胸部に大きな白毛を持ったブラック=ミス・カラーが生まれる。
--------------------------------------------------------------------------------
繁殖者としての義務
--------------------------------------------------------------------------------
繁殖とは、より優秀な子孫を残す為の行為と考えます。
◎まず、経験豊富な専門犬舎を選び、相談してみる。
ただ、手近にいるから、交配料が安いからと、安易な考えで交配する事は、
繁殖者としての、義務を怠り、誇りを傷つけるものです。
よくよく考慮して、結論が出ましたら、前もって相手のオーナーに、
「何月頃、シーズンの予定です。宜しくお願いします」と、予約しておくのも良いでしょう。
ただし、利益目的の繁殖や、知識不足の繁殖は、不幸な仔犬を作ってしまい、
その仔犬の一生を背負う自信や、責任能力の無い者に、ブリーダーとしての価値も無く、
人間として恥じる行為です。
--------------------------------------------------------------------------------
発情から交配まで
--------------------------------------------------------------------------------
シーズンのきた牝犬は、何となく落ち着きがなく、
オシッコもチビリチビリと、回数が多くなり、シキリに外陰部をきにして舐めます。
外陰部を見ると大きく膨れ、綺麗なピンク色で、ティッシュ等を当てると、極く薄い出血がみられます。
この出血は日毎に赤みを帯び、最高に真っ赤になった時か、今度は徐々に薄くなってきます。
発情より10日目頃には、外陰部の膨らみもやや小さくなり、陰部がスポンジの様に柔らかくなります。
この時期が排卵の時期です。牡犬を近づけると牝犬は尻尾を真横に曲げて、
陰部を持ち上げるような仕草をします。
手で後足の内股を軽く叩いても同様の反応をします。交配は発情より、
10日目と12日目の二回するのが良いでしょう。
ただし日数計算にのみ頼ると、発情日が正確につかめていないと危険です。
日数と陰部の状態の両方で判断して交配日を決めるのが、最良です。
※交配は原則として、牝犬を牡犬所有者宅。
--------------------------------------------------------------------------------
交配後の牝犬の管理
--------------------------------------------------------------------------------
@運動 交配後、4〜5日は、受精卵の着床を容易させる為、静かにさせておきます。
 この時期、屋外で飼っている場合は、牝犬の発する匂いに誘われて、
 野良犬等が入って来る事があるので、特に注意が必要です。
 一週間が済めば、7週目までは、あまり神経質になる必要はありません。
運動は普段通りにさせて下さい。
 高いところから飛び降りたり、激しい運動、
他犬との喧嘩は流産の恐れがあるので、絶対に避けて下さい。
A食餌 交配後40日目頃になると、お乳の周りがこんもりと盛り上がる感じで、ピンク色になり、
陰部からは半透明の粘液が 出る等の、兆候が現れます。
犬によっては、交配後一週間〜一ヶ月ぐらいの一時期に、人間と同じようにつわりがあり、
食欲の減退や、時には戻したりする事もあります。
妊娠が確実になれば、食餌の回数を1回多くし、量は少しずつ増やし、
内容は 良質のたんぱく質を多く、カルシウムの補充。
--------------------------------------------------------------------------------
出産の心構えと準備
--------------------------------------------------------------------------------
交配より出産まで、普通は63日間と言われてますが、
時には2〜3日前後のズレはありますので、いつ出産をしてもいいように、
出産予定日の一週間前になれば、次の物を準備して下さい。
@寝室(寝箱)=母犬がゆったり横になれる大きさのスペースを作る。
Aバスタオル=多めに、使い古しの物で充分。
Bハンドタオル=使い古しの物で、吸水性の良い物
C体温計=(出産兆候を知る為)
Dはさみ=消毒済みの物(へその緒を切る)
E絹糸=消毒済みの物(へその緒を結ぶ)
Fヨウチン(赤チン)=へその緒を消毒する。
Gはかり(料理用計り)=仔犬の体重を計る為。
H筆記用具=(体重・毛色・性別・時間等を記入)
Iカメラ・ビデオ=仔犬の出産順位を知る為。
Jその他=(ティッシュ・ガーゼ・ビニール袋・ゴミ箱)
※出産による汚れが被毛につかないように、外陰部の周囲と大腿部の毛、
乳房の周囲の毛を短く切っておく。
--------------------------------------------------------------------------------
出産の兆候
--------------------------------------------------------------------------------
牝犬は出産予定日の4〜5日前より産室に入れて慣れさせておく。
朝と夕方の2回母犬の体温を測定してノートに記入する。
出産が近づいてくると、その2日くらい前から体温が徐々に下がってくる。
犬の平熱は38℃〜38.5℃ですが、
出産間近には37℃以下までに下がり、そこから元の体温に戻る。
下がった体温が上がり始めてから数時間くらい後に、陣痛が始まり出産が開始される。
出産当日には、産室に入って床作りをしたり、
不安そうに甘えてきたり何となく落ち着きが無くなってくる。
食欲が無くなり軟便か下痢便になる。
陣痛の始まりは、微かな震えがあり呼吸が早くなる。
陣痛が強くなってくると、早い呼吸を一瞬止めて、腹部を硬直させて力む様子がみられる。
さらに強い陣痛がくると、立ち上がって排便する時のような態勢をとって強く力む。
これを繰り返しているうちに、
胎児が子宮から膣産道に移動して、強い陣痛とともに排出される。
※横になったまま出産する犬もいる
--------------------------------------------------------------------------------
DNA親仔鑑定による登録調査の実施
--------------------------------------------------------------------------------

一胎仔登録申請者の書類審査において、親子関係の調査が必要と認められた場合、
DNAによる親子鑑定を行う。
鑑定の対象となった申請書については、血統証明書の発行をその間保留とし、
科学的に親子が立証されたうえでの発行となる。
万一、虚偽申請がなされた場合、
その該当者に対し、クラブ会員権利停止等の、厳重な懲戒措置が講じられ、
調査経費の全額負担となる。
本会事業の根幹である犬籍登録の調査については、厳格に対処しておりますのでご注意ください。
また、関係者からのDNA鑑定の調査依頼については、犬籍部登録課(03−3251−1653)まで。
--------------------------------------------------------------------------------
同時期複交配(妊娠)の禁止
--------------------------------------------------------------------------------
牝犬の交配適期に複数の牡犬による交配が同時に行われ、
一胎でそれぞれ異なる父犬による仔犬を妊娠する事がありますが(同時期複妊娠という)このことは、
正しい犬籍の管理を困難にするものであり、
同時期複妊娠によって生まれた仔犬の犬籍登録は一切対象外とする。
従って、クラブ会員におかれては、同時期複交配をする事の無いように注意する。
また、本会では現在、犬籍登録にあたり必要と認めた時にはDNA鑑定等を実施し、
厳正な血統証明書の発行を行っているので、
万一、これらの鑑定により同時期複妊娠が明らかになった時は、
その経緯を究明して両親犬所有者に対して、それ相当の厳しい措置をとる事となるので、
十分注意する。
--------------------------------------------------------------------------------
指定犬種犬舎名登録
--------------------------------------------------------------------------------
これまで、犬舎登録は「一名につき一件」のみの規定となっていたが、
専門犬種とそれ以外の犬種との使い分けや、日本原産犬種とそれ以外の犬種との使い分けを考慮し、
次の通り「指定犬種犬舎名登録制度」(2件目)を実施する。
(1)指定犬種犬舎名は、既に犬舎名登録済みの方に限り、
予め使用する1犬種を指定して登録する事が出来る。
 @以後、当該犬種では、指定犬種犬舎名のみ使用する。
 A指定された1犬種以外で、指定犬種犬舎名を使用する事は出来ない。
(2)指定犬種犬舎名は、FCIには登録されません。
その為「JP」は付加されず、アルファベットで17文字以内となる。
(3)指定犬種犬舎名の登録料は¥5300です。
(4)申込に際しては「指定犬種犬舎名申請書」を利用する。
(5)その他の規定は、現行の「犬舎名登録」と同様となる。
--------------------------------------------------------------------------------
犬籍登録の虚偽申請
--------------------------------------------------------------------------------
犬籍登録は、クラブ会員各位の自己申請によりそのクラブ会員が所属するクラブ、
又は登録畜犬業者を経由して行う事となっているが、この登録申請については、
正しくなされるもので、無ければならない。
特に、一胎仔登録は、繁殖者(母犬所有者)の申請によって血統証明書を発行しているが、
虚偽の申請や血統証明書の改ざんが行われた為、後日問題が惹起し、被害者から直接、
又は公的機関などを介して本会に苦情・相談寄せられる事がある。
クラブ事務取扱者及び登録畜犬業者は、この事について、厳しく取り扱いを行う。
万一、不本意にも不要血統証明書を他に譲渡したり、虚偽申請が発覚した場合、
その登録を取り消し、該当者を懲戒に付する等、厳格に対処する事になるので注意する。
--------------------------------------------------------------------------------
自家繁殖の登録に関する注意(交配立会人・交配写真)
--------------------------------------------------------------------------------
交配する父犬と母犬が同一所有者の場合(自家繁殖)は、
交配立会人(同一家族意外のクラブ員)の署名・捺印とともに、
その撮影による交配写真が必要となる。
申請に際して、申請書の裏面に添付する。
その理由として、ブリーダーの意識を高めるとともに、登録内容の記録として、
ブリ−ダーが申請書を記入する際の過ちを防ぐ事に繋がる。
申請時のミスにより懲戒措置や、関係者同士の不信による裁判となり、
ブリーディング出来なくなるような事態を避ける為にも、協力願います。
実施の詳細は下記の通り。


実施の詳細
(1)交配写真は、撮影日が入ったモノ。
(ポラロイド・カメラ等撮影日が無い場合、交配立会人が撮影日を写真に記入)
(2)交配写真には、父犬と母犬の登録番号を記入する。
(3)人工授精(冷凍精液又はチルド精液による人工受精は認められない)の場合、
父犬と母犬を1枚の写真に収める。
 更に、人工授精を実施している所の写真を1枚別に送付する。
【注意事項】
※入会前の所有者について、交配時の写真撮影が不可能となるので、
父犬と母犬を1枚の写真に収める。
また、取扱クラブにおいて、この旨を記して添付する。
ただし、以後の繁殖に際して、写真添付が必要となる。
※万一、自然交配により仔犬が生まれた場合、父犬と母犬を1枚の写真に撮り、その旨を記載する。
--------------------------------------------------------------------------------
交配証明料の廃止
--------------------------------------------------------------------------------
一胎仔登録の申請では、父犬所有者は、本会のクラブ会員である事が原則だが、
父犬が公認団体又は指定団体の登録犬で、その所有者がクラブ会員となっていない場合、
交配証明料¥6000により受理していたが、この交配証明料を廃止し、
2002年5月1日受付分以降、父犬所有者は必ず会員である事が必要となる。
--------------------------------------------------------------------------------
交配確認の通知(牡犬所有者に交配事実を確認する)
--------------------------------------------------------------------------------
繁殖者が申請する一胎仔登録では、交配した牡犬の所有者が発行する交配証明書を必要とする。
本会では、この交配証明書が牡犬所有者本人の発行したものであるかの確認を行う為、
一胎仔登録が申請された際、登録内容(交配日・牡犬名・繁殖者等)を記載したハガキを
牡犬所有者へ送付する。
登録内容に間違いに無い場合、本会への報告は必要ないが、万一、不明な点があれば、
2週間以内に申し出る。
--------------------------------------------------------------------------------
交配許可年齢の変更
--------------------------------------------------------------------------------
優良犬の繁殖は、健全に成長した種牡と台牝の交配によって、行わなければならない。
これは、優良犬の普及を掲げる本会の目的である。この目的を更に推進する為に、
1999年1月1日からの一胎仔登録の受付については、
交配時の年齢が種牡、台牝ともに生後9ヶ月1日以上である事を条件とする。
従って、交配時ひ生後9ヶ月以下の種牡又は台牝のよって、生まれた仔犬については、
血統証明書を発行しないので注意する。
--------------------------------------------------------------------------------
近親繁殖で生まれた仔犬の血統証明書
--------------------------------------------------------------------------------
1999年1月1日以降申請の一胎子登録において、
下記の近親繁殖によって生まれた仔犬の血統証明書に【極近親繁殖】の記載をする。
これは、その犬が成犬になり交配する場合、交配相手を選ぶ際に特に注意しなければならない。
【極近親繁殖】の記載がされる交配は、
@兄−妹、姉−弟(種牡と台牝の両親が同じ)
A親子による交配(父−娘、母−息子)
--------------------------------------------------------------------------------
本会登録犬を外国に輸出し、輸出国で出産した場合の登録申請
--------------------------------------------------------------------------------
本会の一胎子登録は、日本国内において生まれた仔犬に対してのみ申請する事が出来る。
本会登録犬を外国に輸出し輸出国で出産した場合、
まず、親犬をこの輸出国に所在する本会の公認又は指定登録団体に登録しなければならない。
そして、仔犬の一胎子登録は、本会ではなく、親犬を登録した外国登録団体に申請する。
また、外国出生犬を日本国内に輸入し本会に登録する場合、
本会の公認又は指定登録団体で発行された輸出血統証明書が申請時に必要となる。
--------------------------------------------------------------------------------
TOP